かつらで増毛する方法

薄毛に悩む人を中心に活用されているかつら。

髪の毛が薄い、ある特定の部分だけが激しく抜けているなどといった場合、多くの人は増やす努力や、これ以上髪の毛が抜けないようになんらかの予防策を施していきます。

かつらのように自毛以外のダミーの毛髪をかぶったり、付けたりする方法は一般的に増毛と呼ばれます。最初からかつらなどを使い増毛する人はあまりいないといえます。

かつらなどを使い増毛するのは、長期間にわたって薄毛の予防・改善行為を施しているのに、あまり変化が見られなかった場合が多いようです。かつらなどを使った増毛は薄毛対策の最後の砦ともいえるのです。

かつらといってもさまざまなタイプが販売されているわけですが、主に毛質ベース装着タイプによってその形も使用感も変わってきます。ただ頭全体を隠してしまう一般的なかつらだけではないのです。

かつらの種類

かつらといっても、その形態はもちろんのこと、ベースや装着方法などもさまざまな仕様となっています。

毛質

かつらをかぶる人の髪の量は少ないですが、まったくないといったことは少ないですから、残っている髪にいかに自然に馴染めるようにするか、ぱっと見てかつらとばれないようにするか…。

髪の毛の作りはより本物に近い素材で作られています。人の毛髪を使用した人毛、ポリエステルを主成分として人工毛、両者をミックスしたものと、その種類は3つに分類されています。

人毛タイプ

自分の髪を増毛したタイプ。

自然な髪質や見た目を演出するだけでなく、カラーパーマもかけられると、そのヘアスタイリングのしやすさも良いところ。
ただし、水に弱く洗い方にも注意が必要

傷みやすく扱いにくく、コテやヘアアイロンは使えません
価格も人工毛よりも高くなっています。

人工毛タイプ

化学繊維で人の毛に似せて作ったかつら。

その種類はさまざまで、人毛タイプに比べるてそのお手入れは格段に楽です。
洗っても乾くのが早く、価格も安くなっています。

ただし、自分の髪と馴染みにくく、よく注意して選ばないと不自然な見た目になってしまうことも…。

素材によっては光沢感ツヤが目立ち、ごわついた感触があるのも難点。
カラーやパーマはかけることができず、古くなると毛先や全体が縮れてきます。

人毛と人工毛のミックス

人毛と人工毛のメリット・デメリットがうまく考慮されたタイプ。

人毛がどれくらい入っているかで価格が変わってきます。

見た目がわりと自然で、スタイリングもしやすく100%の人毛よりかは扱いやすいです。
ただし、定期的なメンテナンスは必要となります。

ベース

スキンベースネットベースとあります。
スキンベースでの装着は見た目が人肌に近く、ポリエステルやシリコンを人工皮膚に植毛しています。
ネットベースは、その名の通り網目状のネットに毛髪を植毛したもの。

装着タイプ

毛質は大きく分けて自毛と人工毛に別れるわけですが、その装着方法もさまざまです。頭皮や髪の状態、そして生活スタイルから適したタイプを選んでいく事となります。

地毛ではなく頭皮につける接着剤タイプ、頭皮に装着する両面テープタイプ、地毛に固定するピン留めタイプ、かつらをベースにした自毛に編み込むタイプの4種類。

ぞれぞれの性能や特徴、そしてメリット・デメリットを理解し、自分の毛髪の状態や生活環境に合わせて選んでいきます。

また、人の頭皮や毛髪の生え具合というのはバラバラですから、量産型の既製品では違和感が目立ってしまうこともあります。より自然な馴染み具合を追求するのであれば、自分の頭部の形や生え際などにあわせて作るオーダーメイドのかつらが最適といえます。

ピン留め式(着脱式)

自分で取り外し可能。ヘアピンと似た作りの留め具を自毛にひっかけて固定します。

自分で取り外しができるので、頭皮を清潔に保つ事が容易ですし、常につけていなくてもいいので楽です。

ただし、定期的な修理や補修といったメンテナンスが必要で、その間は代用品での使用となります。

編み込み式(連続装着式)

かつらの販売店で直接つけてもらいます。

かつらの網目状の部分と自毛を結び、編み込んで固定。ずれにくく外れる心配がほとんどありません。

通気性もよく蒸れも感じにくいので、つけ心地は良いです。

ただし、自分で装着することができず、定期的なメンテナンスはもちろんのこと、伸びた自毛に対してもサロン側に手入れをしてもらわなければいけません。また、このタイプは編みこませる自毛がないとおこなうことはできません。

接着式・密着式(連続装着式)

編み込み式と同様に、店舗で装着してもらいます。

ベースに接着剤を塗布し、それを頭皮に装着・固定していきます。その強度はかなりのもので、引っ張ってもはずれません。

近年におけるかつらの製造技術はすさまじく、透過性の高い薄いスキンベースでは、つけていることさなかなかわからないレベルにまでなっています。

ただし、自毛が伸びてくると緩くなるので、定期的なメンテナンスが必要

取り外すときは専用の除去剤が必要となるため、自分で着脱することはできません。頭皮に合わない場合もあるので注意が必要です。

女性の為のかつら(ウィッグ)

近年では男性だけでなく、女性も活用することが増えています。

女性と男性では髪質や頭皮の状態なども大きく異なるので、それに対応したウイッグが人気。薄毛用のかつらをはじめ、ピンポイントで増毛する事ができる前髪ウィッグやボリュームウィッグなど…ファッション性も高い、トレンドを取り入れたスタイルのものが多くなっています。

既製品、セミオーダー、フルオーダーとありますが、値段で言えば既製品が一番お手頃のものといえます。ただし、すでに出来上がっている状態なので、サイズ調整がきかないので不自然な仕上がりになってしまうことも…。

セミオーダーであれば、基本の形は出来上がっているものの希望のスタイルにカット、頭の形に合わせてサイズ調整してもらうことも可能です。フルオーダーともなれば、毛質から量、頭の形、スタイル、色など…細かなところまで自由に、自分の頭皮や髪に合わせて作る事ができます。

価格的には、既製品であれば数千円~10万円ぐらいで購入することができますが、セミオーダーともなると10万円~30万円ほど、フルオーダーともなると30万円~80万円程度と、アレンジが効くだけ価格も高くなります。

かつらの料金やメンテナンス費用

かつらと一言にいっても、その素材はもちろん、大きさや形など実に多種多様。人の頭は皆同じ形をしているわけではないのですから、当然といえば当然です。これはいうなれば、既製品だけでなく、オーダーメイドのかつらもあるということ。

すべてにおいて合わせていくオーダーメイドのかつらは、その手間からも料金が高くなりがちですが、量産型の既製品タイプはオーダーメイドよりかは安くなっています。既製品かオーダーメイドかでも料金は大きく異なるわけですが、メーカーやかつらの種類でさらに違ったものとなりますので、その価格は一概に言うことはできません。

かつらは、大きく分けて「部分かつら」と「全かつら」との分けられます。それだけでも使用する毛の量や面積が異なりますので、価格に大きな差が出てくるものとなります。

専門店やメーカーで購入した場合では、部分かつら5万~20万全かつら15万~18万ほどの金額になるようです。インターネットなどでも購入することができますが、その場合ではもう少し安くなります。

ただし、通販の場合はファッション目的での販売品が多く、どちらかといえばファッション性の高いものとなるようです。そして、女性に人気のウィッグでは、専門店で14万くらい。市販のものであれば数千円での購入が可能となっています。

かつらは購入して終わりというわけにはいきません。それなりのメンテナンスをしていかなくてはダメになってしまいます。

メンテナンスは購入した店舗やメーカーで定期的におこなわなければならず、それに対しての料金も発生してきます。大手メーカーやサロンでは月額料金で設定しているところも多く、セッティングから破損に対しての無償修理、そして保障など、もしもの際にも対応してくれます。メンテナンス料としては、大体1ヶ月で1万円前後程となっているようです。

メンテナンスで変わるかつらの寿命

かつらの価格は、既製品でも数万円~数十万円といった高額商品となりますから、一つ買ったらそれをずっと使い続けることができるなんて思っている人も少なくありません。ですが、それは大きな間違いです。

かつらも洋服などと同じように消耗品なのです。大体、1つのかつらを毎日使っている状態であるならば、その寿命2~3年といったところ。ただし、スペアも使っているとなると、その分もう少し長持ちします。

また、かつらはメンテナンスだけでなく日々のお手入れも大事ですから、どれだけ大事に扱っているかでも変わってきます。かつらを外しておく際には、固く絞ったタオルで裏のベース部分についた汚れを拭き取り、表面は定期的にシャンプーをして汚れなどをしっかりと落とすようにします。汚れたまま放置しておくと、皮脂や汚れがこびりついたままになり、バクテリアなどの菌が繁殖。かつらもだめにしていきますが、頭皮もダメにしていくことになるの要注意です。

メンテナンスはメーカーやサロンによって、その内容も期間もバラバラです。ですが、大体1ヶ月を目処におこなっているようです。

それだけかつらは汚れやすく、手入れが必要なものということなんですね。丁寧に使っていれば、その分、長持ちしますので、是非メンテナンスは面倒がらずにおこなっていってほしいものです。

男性に人気のおすすめかつらメーカー

男性の頭皮や髪の状態は、女性とはまた違ってきます。仕様からデザイン、対応まで、男性に人気のかつらメーカーをピックアップしてみました。

アデランス

オーダーメイド・ウィッグ、増毛商品、発毛・育毛サービスなど、幅広い商品やサービスをそろえる有名ブランド。

45年に渡って蓄積されてきたノウハウを生かしたかつらとなっています。

年会費制の「アデランスヘアクラブ」に加入すると、メンテナンスが無料となります。

スヴェンソン

ドイツ生まれの特許技術「編み込み式増毛」が人気のスヴェンソン。

頭髪状況に合わせたウィッグタイプもアリ。著名人が愛用し、リピーターも多い信頼度の高いメーカーです。

アートネイチャー

かつらだけでなく、増毛・育毛もおこなっている大手有名メーカー。

かつらは試してみないとわからない…ということで、お試し体験を実施しています。購入後のメンテナンスは全国190店舗のお店でサポート。

通販サイトもあります。

女性に人気のおすすめかつらメーカー

女性がかつらに求めている事といえば、それは高いファッション性。上手に薄毛を隠すだけでなく、いかにオシャレに活用することができるか…そういったところにも注目された製品が人気が高いものとなっています。

レディースアデランス

種類も豊富なオーダーメイドウィッグが人気のメーカー。

サロンやお試しフェアだけでなく、自宅でも気軽に無料試着をおこなうことができます。

アフターサービスにおいては、2014年の秋から新メンテナンスサービスがスタート!2年間のアフターサービスと、最初の2ヶ月間において、すべてのケアが何度でも無料となっています。

レディースアートネイチャー

オーダーメイドウィッグや髪のケアに関してさまざまなサービス内容が充実している有名メーカー。

アフターサービスではウィッグの点検はもちろん、シャンプーやカットなどのお手入れなどもおこなっています。

全国に251店舗のサロンがあるので、日本のどこに住んでいても安心。展示会も頻繁におこなっているので、初めての人は、まずはこちらで試着してみることができます。

トップへ戻る